暁スタジオ レコーディング日記

ミュージシャン服部暁典によるレコーディング、ライヴ、機材のよもやま話

≫ EDIT

MIDIトラブルの再検証を実施

先のエントリーにも少し書いたが、Mac側のMIDI制御に問題がある。DAWのLogic Pro9でソングを再生していると、またはLogic経由で外部スレーヴ音源(ハードウェア音源)をリアルタイム演奏していると「ノートオフが送信されないことがある」のだ。この状態でモノフォニック設定にした音色でベースなど担わせると、ホントに絶望的な気持ちになる。実際のところ録音作業に弊害著しい。もう少し究明したい。

miditrouble00002.jpg
原因はおまえか…??

≫ Read More

スポンサーサイト

| Macと周辺機器 | 12:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ギターレコーディングまでの長い長い道のり

MIDIトラブルにもめげず、レコーディングを続けている。久しぶりにギターを録音した。

CS3RAT.jpg

≫ Read More

| レコーディング | 22:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

21世紀のアナログシンセ

miditrouble2017 - 2

何度も書くが、新しいアルバムを作るべく作業を続けている。ある曲で如何にもアナログシンセちっくな粗い感じのストリングスサウンドが欲しくなり、とりあえずRoland JUNO-106に向かってみた。ところがJUNO、絶不調だった。

症状を箇条書きにすると
・弾いているとフィルターやENVのセッティングが勝手に変わる
・オーディオ出力が途切れる
・何も音を出していないのにレベルメーターが振れるほどのノイズが乗る

miditrouble2017 - 1

≫ Read More

| 機材 | 21:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「ほねの音・音のほね」

hone - 5

ダンス幼稚園カウントダウン3,2,1!「ほねの音・音のほね」が終了した。普段会えない方と出会う場、普段挑戦しない音楽に挑戦できる場、普段意識しない脳のチャンネルにアクセスする場、であった。この日のメンバーは以下のとおり。

ダンス:渋谷裕子
パーカッション:齋藤寛
ウッドベース:佐藤弘基
シンセサイザー、鍵盤ハーモニカ:服部暁典

このパフォーマンスは、2017年2月7日に行われた向山こども園でのワークショップと対になっている。このワークショップ直前のリハーサルと当日の様子は以下をごらんいただきたい。

おもしろければそれでいい

向山こども園パフォーマンス・もやもやもやもや

あまりにも色々なものを得たので、文章がどうしても冗長になってしまう。せめて章立てしてみる。

≫ Read More

| ライヴ | 21:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

これまでの人生で一度もとったことのない姿勢

arsha - 3

コンサートの告知方法には様々あるが、ことコンテンポラリー音楽のライヴ告知に関して言えば、2017年の今でも紙、すなわちフライヤーと呼ばれるチラシには一定の効果があると思う。2017年6月18日(日)に伊豆沼湖畔(沼なのに湖畔とはこはいかに)のジャズカフェ・コロポックルで山本直子さんとのデュオコンサート(にゲストもお呼びするのだが)に出演する。お店の雰囲気や直子さんのファン層から推測するに、これはやはりきちんとしたフライヤーがあるべきだと考えた。鍵盤奏者同志のデュオというのは、何をやるのかよくわからんところがあるが、ふたりが鍵盤に向かう絵は伝播力がとても強いと思う。だがそのためには然るべき場所できちんとした人に撮影してもらった写真が必要だ。直子さんに持ちかけたらあれよあれよと話が決まり、撮影は後藤浩輝君に、撮影場所はグランドピアノが2台もあるカフェ「ルフラン」に決まった。どうせならアー写(アーティスト写真の略で、自己紹介・販売促進用のポートレイト)も撮っちゃおうよということで直子さんはヘアスタイリストさんとメイクさんまで呼び寄せた。服部に比べて本気度が違う。

≫ Read More

| ただいま作業中 | 22:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT