暁スタジオ レコーディング日記

ミュージシャン服部暁典によるレコーディング、ライヴ、機材のよもやま話

2006年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年01月

≫ EDIT

人前で弾いてナンボ

すでに昨日の出来事になってしまったが、仙台市青葉区国分町のLLLでのライヴが終了し、年内の人前での演奏が全て終了した。

Bs.:青木大志
Gt.:松澤直樹
Dr.:秋保太郎
Pf+Harmonica:服部暁典
Sax:林宏樹(Guest)

個人的には楽しくて手応えのある演奏になったと思うが、終わった後に他のメンバーに聞いてみたら、そうでもなかったらしく、皆結構冷静だったのでちょっと恥。

客席に鍵盤奏者が多いライヴだったなぁ(笑)。太郎君にそう話したら「(自分の演奏を同業者に客席で聴かれるのは)演りやすくは無いですよね(笑)」。ふたりで笑った。

一時期に比べると人前で演奏する機会は減ってきていて、正直これではイカンと思う。うまく自分を出せるか、あるいは人前に呈示するだけの「自分なりの演奏」というものがあるのかどうか不安でピリピリするようなライヴを数多くこなすと、確実にレコーディングでのプレイも一皮むける気がする。だからもっとライヴを演りたいのである。

途中下車する気は全く無いのだ。まだ修行中なのだ。
スポンサーサイト

| ライヴ | 02:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2006年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年01月