FC2ブログ

暁スタジオ レコーディング日記

ミュージシャン服部暁典によるレコーディング、ライヴ、機材のよもやま話

2009年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年09月

≫ EDIT

ベースを立てればキックが立たず

大門雷舞DVDのエンディング曲、メロディとベースを打ち込んでみよう!

メロディは最終的には鍵盤ハーモニカでとることになると思われるが、朋義に渡すデータの段階ではまぁプラグインシンセでよかろう。ということでES1を起動。それらしいリードサウンドを探すがどうにもこうにも。なので手早くエディット。弾く。

次はベース。モノシンセがいいよね!ということでES Mを起動。やっぱりそれらしいプリセットが無くエディット。それにしてもどうもかゆいところに手が届かないな、Logic純正プラグインシンセ。

シンセベースを打ち込んだら過日打ち込んだバスドラムがどうにもマッチしない。これは当然ベース優先ということでバスドラムを打ち込み直し。ES Mにもコンプをかけてぐいっとタイトに。よし。
スポンサーサイト



| レコーディング | 23:15 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

2009年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年09月