暁スタジオ レコーディング日記

ミュージシャン服部暁典によるレコーディング、ライヴ、機材のよもやま話

2010年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年09月

≫ EDIT

OCT/PASS「ノーチラス」スタッフ慰労会で驚いた!

2010年8月7日に閉幕したTheatreGroup OCT/PASSの最新作「ノーチラス ~我らが深き水底の蒼穹~」のスタッフ慰労会というのに招待された。行かいでか!行ってきましたとも。大変楽しい時間を過ごすことができた。改めて劇団主宰者石川裕人氏と劇団員のみなさま、参加各位に感謝いたします。

さて今夜聞いた話の中で特に驚いた話題を2題。

■ひとつめ■
OCT/PASS劇団員のMさんと私の知っている仙台の演劇人H君が一つ屋根の下に住んでいるという。ぼが~ん!そうだったのか。いや、そりゃけっこうですね。

■ふたつめ■
その件のノーチラスでの劇中歌の話。慰労会には出演者のひとりである渡部ギュウ(SENDAI座プロジェクト)さんもいらっしゃっていた。そのギュウさん、劇中で1曲歌う。初日前日にゲネプロを見に行った私とギュウさんがばったり会った時に「いやぁ、いまだにどうやって歌おうか決まらない」とおっしゃる。結局私も稽古にはほとんど伺えず、その最後のゲネプロにも終了寸前に会場に着いたためギュウさんの歌は聞かずじまいであった。そこで参考になればと思い「一応カラオケ作っている時はレオンラッセルを念頭に置いて作ってました」と言ってみた。「う~ん、レオンラッセルねぇ・・・」と言いつつ遠ざかっていくギュウさん。「あれ?イメージ違ったのかな」と軽く考え翌日の初日公演を見た私は驚いた。

ギュウさん、まるっきり俺ジナルな歌い方なのである。良く言えばフェイクして音価を自由にもてあそぶ感じ。悪く言えばちょっと演歌っぽい感じ。あぁ、そう来ましたか~と客席でやや目を丸くしたものである。そのことをギュウさんに伝えてみた。するとにこっと笑って「オレ、レオンラッセル知らねぇもん!」ときた!いやぁ驚いた。その会話を聞いていた裕人さん「こいつ知らないのに知ってるふりするからね!」と追い討ち(笑)。まぁその後もギュウさんの意外な音楽的嗜好が明らかになったりして爆笑していたのだが、知らないなら知らないって言ってくれよ~(笑)。だったら具体的にアドバイスしたのになぁ(笑)。

もっともギュウさんをアテ書きしたというキャラクター、キャプテンネモの歌なのだから、あの歌はギュウさんのものだ。ギュウさんが思ったとおりに歌えばいいだけの話だ。レオンラッセルを念頭に私が歌唱指導したところで、きっとギュウさんはやはりあのように歌っただろう。それがキャプテンネモだからだ。

次回作の音楽もその席で依頼された。がんばります。でもオレ、自分のアルバム作る時間あるのかなぁ。なんとしても今年は自分名義の新作を作るつもりなのだが、早8月。
スポンサーサイト

| 音楽雑感 | 00:47 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

2010年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年09月