暁スタジオ レコーディング日記

ミュージシャン服部暁典によるレコーディング、ライヴ、機材のよもやま話

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ドラマの根源

高橋督ファーストアルバムのダビングセッション、今夜は黒瀧英一郎君を招いてヴァイオリンのダビング。

tacky_a2c.jpg


実際には督が曲データを完成させる段階で仮のヴァイオリンは入っている。しかしそれはヴァイオリンのサンプルによる演奏であって、つまり電子音である。音色はそっくりだがその音色に命を吹き込むのは並大抵ではない。だがしかし、実際にその曲のために黒瀧君が弦を弓で擦ると、得も言われぬドラマが生まれるのだ。何がそのドラマの根源かと問われれば、例えばフレージングとかアーティキュレーションとか何とか言えば言えるが、私には「これが演奏です」と思えてならない。譜面から音楽を読み取り、咀嚼し、そして「自分」を乗せて実音にする。これらのプロセスが積み重なって音楽になっていく。

もちろん録音中はそういう魔法のような瞬間ばかりではない。紆余曲折がある。でも黒瀧君はその紆余曲折をきちんと形にしてくれた。ひとつの作品を作ろうと大の大人が3人も集まっているのだから、何がしかの結果が出なければ嘘なのだが、それは保証されたものではない。各人がそういう努力をして初めて形になるのだ。それが実感できるセッションを体験できるのは、ミュージシャンとしてであれエンジニアとしてであれ、とても嬉しい。

※追記20131202:督のブログでも逐一レポートされてます。当夜のものはこちら
スポンサーサイト

| レコーディング | 01:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://acatsukistudio.blog60.fc2.com/tb.php/1036-9636604c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT