暁スタジオ レコーディング日記

ミュージシャン服部暁典によるレコーディング、ライヴ、機材のよもやま話

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

7万円の分水嶺・YAMAHA S90XSのUSBポートは修理できるか?#2

fuckusb_1.jpg

#1で既報のとおり、筆者の主要シンセであるYAMAHA S90XSのUSB HOST端子がイカれてしまった。コンピュータと接続できず、フルエディットが不可能な状態になっている。この状態でも簡単なエディットはできるため、シンプルなライヴなら問題無くこなせている。しかしこういう中途半端な状態が事態の解決を遅らせているとも言える。

キーボーディストでありギタリストであり技術者であるKさんが、開腹手術を申し出てくださり、お言葉に甘えたものの、症状は改善されなかった。S90XSは、古のアナログシンセのようにメカびっしりではなく、封書サイズ程度の基板が何枚もインストールされているだけで中身はスカスカなのだ。今回のUSB系統のような修理となれば該当する基板を交換してしまうことが基本で、修理は楽なのかもしれないが、結果的に修理代金は高騰するようにできている。

fuckusb_2.jpg

Kさんは前回の開腹手術の際、USB端子内の特定の回路(4ピンのうちのひとつ)の電圧が低いという事態を見逃さなかった。単純にUSB端子そのものの異常という可能性にかけ、端子を交換するという禁じ手を実行することになった。

某月某日、ふたたびKさんが暁スタジオを訪れた。疑わしいUSB端子をひっぺがし、類似品のUSB端子を取り付け直す。

fuckusb_3.jpg
おらおらおらおらおらおらおらおらおらおらおらおらおらおらぁ

fuckusb_4.jpg
おらおらおらおらおらおらおらおらおらおらおらおらおらおらおらおらおらおらおらぁ

USB端子を交換して早速チェックモードでS90XSを起動。USB端子チェックの結果は…???などと引っ張ってみても空しいばかり。ダメだった。相変わらずチェックモードではNG表示。念のためMacProにつないでみたが認識されず。はい、YAMAHAに公式に依頼して7万円の修理費決定。

Kさん本当にありがとうございました。良い夢を見ることができました。

※言うまでも無いことだが、こんな無茶な作業はそもそもYAMAHAから公式サポートを受けられなく恐れすらある。S90XSオーナーの方でUSB端子の不調に苦しんでいる方はさっさとお近くのYAMAHAへ修理依頼を行う方が良い。どうしてもやってみる方は自己責任で。この記事を参考にあなたがどんな作業を行っても、その結果に私は責任を負えない。
スポンサーサイト

| 機材 | 09:19 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2017/10/02 21:26 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://acatsukistudio.blog60.fc2.com/tb.php/1073-9b1f924f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT