暁スタジオ レコーディング日記

ミュージシャン服部暁典によるレコーディング、ライヴ、機材のよもやま話

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Roland JP-8000・メモリーバックアップバッテリー切れ#1

ある自作曲。エンディング間際。サビを繰り返しつつアドリブソロが乗りフェードアウトしていく…というフュージョン病発症中のアレンジ。このアドリブソロ、当初エレクトリックギターで挑戦したもののしっくり来ず、アコースティックギターで再挑戦。一度はOKとなりミックスダウンも終え、ウェブ上で公開もしていた(現在は更新準備のため聴けない)。

髙橋督のアルバム制作を経て、私も耳や技術が少したくましくなった。改めてその耳で聴き直してみると、いろいろなことがどうにもしっくり来ない。潔く再度ミックスに取りかかったら、綻びが見える見える(笑)。演奏した各パートを改めてチェックしてみると、件のエンディング間際のアコギソロがどうにもしっくり来ない。これはもう根性を決めて弾き直すしかなかろう。だがこうなると、もうギターでリトライするモチベーションも持ちづらい。そこで久しぶりにシンセソロを弾いてみようかと思い立った。

こう言う時に私が最初に手を伸ばすのがRoland JP-8000である。だがどうも様子がおかしい。音色名が文字化けし、聴いた事も無い音ばかり出てくる。再起動したらまんまと「Battery Low」「Memory Damaged!」という表示が。つまりメモリーバックアップ用の電池が干上がってしまったのだ。気を取り直してゼロから音色を作って…と思い立ったのだが、JP-8000はバッテリーがあがると、鍵盤以外のコントローラー(ベンドレバーやリボンコントローラー)の設定も飛んでしまうらしく、これらが全く機能しないという事態に。あらー。仕方なく純アナログのJUNO-106で…とも思ったが、そもそも欲しい音色と毛色が違う。あらー。

やんだぐなる表示

Logicを終了し、Macの電源を落とし、楽器類の電源を落として、静かにスタジオのドアを閉めましたとさ。
スポンサーサイト

| 機材 | 21:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://acatsukistudio.blog60.fc2.com/tb.php/1076-fbdabb3e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT