暁スタジオ レコーディング日記

ミュージシャン服部暁典によるレコーディング、ライヴ、機材のよもやま話

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

オーディオに書き出せ!

何を今さらだが…。プラグイン音源を使っていても、それをオーディオデータに書き出して処理をするとまた違った音の響き方をするものだ。

つれづれに制作作業をしている自作曲、いくつかできあがってきた。とは言ってもそれは「演奏」が終わる、言い換えれば「もう弾くフレーズもスペースも無い」という状態になったと言うだけで、私としては「曲ができ上がった」わけではない。次の段階=ミックスダウンへ移行するだけの話である。むしろこのミックスダウンというプロセスも自分の音楽制作に於いてはフレーズを考えることや演奏することと同様に、とても重要なのである。

DAWで作曲作業をする場合、作曲過程とミックスダウンが明確に線が引かれているわけではない。作曲途中から完成形を実音として聴きながら作業ができることをメリットと感じる人は多いだろう。しかし私の場合、前述のように「ミュージシャンとしてやれるところはもうやった」という状態になって初めてミックスダウンに入ることができる。フレーズを積み重ねていってある時飽和し、「はい!今からミックスダウンモードでーす」という瞬間がある。まぁまれにミックスしながら「あれ?ここにもフレーズが欲しいぞ!」という事もあるにはあるが。

ミックスダウンモードに自分が切り替わると、まずフェーダーは全部ゼロに落とす。エフェクトへのセンドも一度ゼロに戻す。素材によってはインサートしていたチャンネルEQもバイパスする。そこから普通はドラムとベースの関係を作って行くことになる。

ある曲でドラム音源の大半をSpectrasonic StylusRMXで鳴らしていた。Stylusはマルチトラック仕様(ただしオーディオ出力はステレオ1系統)なので、Stylus内部のトラック1がキック、トラック2がスネアなどと振り分けて、Stylus内部でEQやコンプレッサー処理をして曲作りを進めていた。Stylusのエフェクトには興味深いものが多いのだ。さていざミックスダウンモードに頭が切り替わり、前述の通りドラムとベースをどうやって分離させるか…ということにあれこれチャレンジしてみていたのだが、どうもうまく行かない。と言うか、作曲演奏作業中は気にならなかったが、Stylusで鳴らしているキックやスネアの音がいまひとつ「それ!」というものにならない。うーん。

stylus.jpg

そこで音色のキャラクターを決めているStylus内の最低限のインサートエフェクトを除いて、それぞれを単独のオーディオトラックとして書き出してみた。そして改めてLogic上のトラックに貼り付けて音を出してみた。するとどうだ、ドンピシャな音になっているではないか。一聴して単純に解像度も上がったように思える。副次的な効果として存在感が増し、今までより曲の中での音量バランスを下げることにもなった。ここからさらに必要ならアナログプロセシングも可能であり、Logicにオーディオデータとして貼り付けた意味は大きい。だがそのことより、単体で力強いトラックが生まれるのは新鮮だ。おかげでミックスダウンは好調のうちに少ないテイクで仕上げられそうだ(まだ完成していない)。

arrange.jpg 
赤いトラックにご注目。わざとモノラルファイルとして書き出しているのも奏功しているはず

作曲作業中にずぅっと聞き続けていた音ですらこうなのだ。ミックスダウンを誰かに任せることができれば、自分で弾いた様々な音が新鮮に聴こえることだろう。そんな日は来るのだろうか…(笑)。
スポンサーサイト

| レコーディング | 20:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://acatsukistudio.blog60.fc2.com/tb.php/1101-8be79ea4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT