暁スタジオ レコーディング日記

ミュージシャン服部暁典によるレコーディング、ライヴ、機材のよもやま話

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

譜面書きはつらいよ

参加するライヴの種類にもよるが、私もメンバーのために譜面を書いたり音源を用意したりすることがある。音源はともかく、譜面書きが苦手な私はいつもこれで苦労する。


そもそも読譜力が無いので、当然書くことも覚束ない。注意深く書いたつもりでも、いざリハーサルの段になって音を出してみると、なんでこんな音?とかなんでこんなコード?みたいなことがある。たまにではなくけっこうあるのでいやンなっちまう。それでもMuse Scoreというフリーウェアの記譜アプリケーションを使うようになって、少しはマシになった…と思いたい。

Funny Gus
リードシートの1例。
"Funny Gus" by akinori HATTORI


そもそもDAWとして愛用しているLogic Proは、元をただせばATARIコンピュータ上で走るノーテーターという、その名もずばりな記譜アプリケーションである。だから当然スコア機能もあるのだが、私にとっては使いにくいものだった。たまにしか使わないからその都度操作方法を思い出さねばならなかったりして、その事も鬱陶しく思ったのかもしれない。

LogicProのスコア機能にせよMuseScoreにせよ、これらの記譜アプリケーションはMIDIキーボードで実音を確認しつつ入力し、必要であればプレイバックして確認できるのが良い。少なくとも間違ったメロディを書くことは激減した。コードネームの間違いについては自分の知識不足からくることは間違いなので、ソフトウェアの機能とは関係ない。

本当は紙と鉛筆だけでさらさらと譜面を書くことに憧れている。だがMese Scoreでここまで過不足ない譜面をデジタルで作成できるようになった現在、そのように譜面を書けても演奏者から歓迎はされないかもしれない。
スポンサーサイト

| ただいま作業中 | 18:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://acatsukistudio.blog60.fc2.com/tb.php/1115-29bf045e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT