FC2ブログ

暁スタジオ レコーディング日記

ミュージシャン服部暁典によるレコーディング、ライヴ、機材のよもやま話

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Nozo-Mixの音楽を完成させよう-その6

今夜は録って寝かしておいたパーティのBGMを整理する。

まず出来上がっていたバックトラックの上にアップライトピアノでインプロビゼーション。そのピアノを聴きながらシンセソロをさらにダビング。前回はここで終わっていた。この結果を慎重にプレイバックして若干の編集を決意。要はピアノを弾き過ぎているのだ。シンセもピアノもフレーズ毎にバラバラにしてアレンジメントウィンドウ上で編集によって組み替えようかな~と漠然を思っていたのだが、16小節のリフ+4小節のドラムソロという1パターン分シンセソロの時間軸を動かしたら、単純にシンセソロ~ピアノソロで代わりばんこに出し入れすればドラマが生まれるのでは?と思いつき早速実行。

そしたらシンセソロはあくまでも「弾き過ぎているピアノ」を前提にプレイされているので、交代交代で曲を構成するにはブレスや組み立てなどが不自然に聞こえるようになってしまった。改めてシンセソロは録り直し。

ちなみに前回もそうだったが、シンセソロを弾く時はいつものYAMAHA KX88ではなく、ENSONIQ EPS16+をマスターにした。ペコペコ鍵盤でないと出てこないフレーズってのは確かにある。

録り終わってこれらの問題は解決。イントロ代わりにキックとハイハットにベースリフのみという8小節を付け加えてOKとする。ミックスはまた明日。

シンセソロ:ES1(LogicPro7純正プラグインシンセ)オリジナルプログラム
スポンサーサイト



| レコーディング | 23:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://acatsukistudio.blog60.fc2.com/tb.php/125-0db7a024

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT