暁スタジオ レコーディング日記

ミュージシャン服部暁典によるレコーディング、ライヴ、機材のよもやま話

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

OCTの劇判、丸一日作業

本日は一日中Logicを立ち上げっぱなしにしてOCTの劇判作業。

昨夜大筋を作っておいたブリッヂの曲、急いで作業したせいか若干綻びが見えるのでそれらを修正。主にリフのフレージングなど。それらを整理したら見晴らしが良くなったので、加えるべき音というのが必然的に見えてくる。ハンドクラップやSE音などを加える。

夕方、ちょっと飽きてきたので艦長の悲しい生い立ちが語られるシーンのわざとらしく悲しい曲に着手。イメージとしては演歌よりの「太陽にほえろ!」である。12/8拍子と言えばピンとくる方もおられよう。

シンプルなドラムをガイド代わりに打ち込んでハーモニーや進行を練っていたら子ども達がスタジオに入ってきた。「何やってたの?」と聞かれたので「悲しい曲を作ってたんだ。こんなの」とさわりを弾いてみせる。息子「あ~、こういうの、よくあるね。悲しいね」ときた。子どもがこういうんだから路線としては間違ってはおるまい。

YoungChang a.k.a. Kurzweil K2000のヴァイブでメロディをとろうと思ったのだが些細なトラブル。LogicにK2000の128~199までのプログラムネームが入力されていないことが判明。非常に効率が悪いので入力しようと試みたが(一括コピーアンドペーストなので大した手間ではない)、バンク2の00番がなぜかバンク1の100番で送られてしまい、ネームと鳴っているプログラムが一致しない。ぐわ!めんどくさ!入力はともかく、とにかくK2000のヴァイブの音色をチェックしたい!ということでイッコイッコ探していってようやく見つける。

が、あまり素敵な感じじゃなかった…。

うわ~。ではAlesis nanopianoでどうよ!まぁまぁ使えるプログラムだったので、仮決定として作業続行。K2000でアコギのアルペジオ。ベースは生ベースを弾く。あとBメロで鍵盤ハーモニカを入れる予定だが、今夜はここまで。夕方壁に寄っかかって10分昼寝をしたら、首をがっくり落として寝ていたらしく、頭痛を呼び起こしてしまったのだった。しゃっきりしないので早寝します。
スポンサーサイト

| レコーディング | 22:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://acatsukistudio.blog60.fc2.com/tb.php/176-4bf34643

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT