FC2ブログ

暁スタジオ レコーディング日記

ミュージシャン服部暁典によるレコーディング、ライヴ、機材のよもやま話

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ストリングスはベタッと弾くな!

結局キックは立ったのか?立たないのである。でもベースとのコンビネーションが良いキックはあまり目立たないもの。だからこれでいいのだ!と思いたい(笑)。

Bメロにストリングスの白玉を加えていたので、再確認。ちょっと弦をこすっている感が少ないのでYoung Chang K-2000のストリングスを追加。このK-2000のTouch Stringsというプリセット、思わせぶりにアタックが遅く、しかもヴェロシティでアタックタイムが変わるという「これでもかセッティング」。つまり全然遅れて聴こえるのである。K-2000のエディットは未だに苦手で、結局ノートイベントをサンプル単位で前に出してリズムの縦線に発音タイミングを揃え、さらにトランスフォーマーで全てのノートの最小ヴェロシティ値を119くらいに揃える(こういう態度は本当はよろしくない)。

これにJVのJV-Stringsという実も蓋もない名前のプリセットを合わせると、素晴らしく濃厚なストリングスサウンドに…。重い…。なんだこれは!重過ぎる!考えてみたら「とりあえず」のつもりで、べたっと四声+アルファで弾いたデータなのだった。エレピの次に録ったからなぁ。しかしいかん!これではいかん!

ということであんなに手間ひまかけてエディットしたデータを全部廃棄。ストリングスを再度弾き直す。今度は三声で。まぁ内声を動かすことまではしないが、それでもエアーは多くなった。しかし結局K-2000の発音タイミングを縦線に揃えるためにノートイベントを移動。このままJVのトラックにこのデータを貼付けても使い物にならないため、改めて弾き直す。この微妙なズレがいいのよ(笑)。

ドラムデータも最後の悪あがき的にエディット。ベース優先で。

最終的に、これ、どうやって朋義にデータを渡そうかな~。各トラックを実オーディオデータ化してソングデータといっしょに渡すつもりであるが、今まではこのデータの受け渡しで色々と苦労してきた。だがしかし!明日以降の服部は、明日の夜以降のacatsuki studioはひと味違うぞ!今はまだ明かせないが…。乞うご期待。

って、データ受け渡し方法に期待せよ、と言われても、ねぇ。
スポンサーサイト



| レコーディング | 22:17 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

手弾きのときは鍵盤のベロシティーを均一(offあるいはfixed)にして足のボリュームで表情をつけるといい時があります。

某のど番組の隣で弾いている人はそうやっています。

これも一理ありますね。

| richard | 2009/08/18 06:59 | URL |

このストリングスのパートは結局「録音」してオーディオデータに
したんですけど、録音する時にミキサーのマスターフェーダーで
同じ事をしました。

実際に弦楽器の人達がセクションとして演奏する時は、同じアーティキュレーション、
ダイナミクスで演奏しようと努力するわけですからね。

まぁでももっと鍵盤奏者としてタッチを自由にコントロール
できるようになれば、ヴェロシティでアタックタイムを
変化させられるセッティングも有効な方法だと思うのですが。

| はっとり | 2009/08/18 08:47 | URL |

ピアノのようなタッチで弾こうとすると失敗する時があるんですが、感情の入れ方をピアノタッチで覚えているのでついやってしまします。
もっと自分の耳で表現しないといけませんね。

| richard | 2009/08/18 23:49 | URL |

Re: タイトルなし

> もっと自分の耳で表現しないといけませんね。
あぁ、それは難しい…。幽体離脱みたいなもんだし(笑)。

| acatsukistudio | 2009/08/19 00:05 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://acatsukistudio.blog60.fc2.com/tb.php/266-a62f4b17

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT