暁スタジオ レコーディング日記

ミュージシャン服部暁典によるレコーディング、ライヴ、機材のよもやま話

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

楽しいリハーサルってのは貴重だ

来る11月26日に卸町でLOOPというライヴイベントが開かれる。詳細はこちらを。

様々な事情があるのだが、このライヴに参加することになっている。今夜はその最初のリハーサルだった。

70~80年代の日本の有名な歌謡曲(に限らないが)を8曲。企画ものだけに全曲ヴォーカルは違う人。何をやるか書きたいのだが、公表していいのかな~という感じなので今は伏せておく。また秋保太郎君、黒瀬寛幸君というある意味手堅い(笑)リズムセクションに服部は初顔合わせとなる坪沼さんというギタリストという、オレは楽しくてたまらない組み合わせ。この組み合わせを考えたいがり大志君もギターだったりシンセサイザーだったり歌だったりで加わる。

譜面は配られたがオリジナルとキーが違うものもあり、さらにそこから転調する曲もあって何を信じていいのやら状態。私、突然の転調に超弱いのである。幸い坪沼さんがすんごく的確な演奏をしてくれていたので、オレがちょっと見失ってもリハは問題無く進んだ。

みんな淡々と演奏しているのだけど、自分が高校生くらいの頃に聴いた曲ばかりである。やっぱり気合いが入るのね。段々音量が大きくなっていった(笑)。もう1回リハがあるのだが、とにかく本番が楽しみ。みなさんチケット買ってください。
スポンサーサイト

| ライヴ | 00:17 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

うほ

転調どころか譜面もコードも苦手な私です。
(じゃ、何もできないじゃん。(笑

そう、高校時代といえば。

ハードロックな仲間にエアサプライの曲を演奏させようとした、今考えるととても「恐ろしい」事をした事実が、あるワタシ。

# 練習、きらいー。

| ぶう@長野県 | 2009/11/21 10:26 | URL | ≫ EDIT

◇ぶう様
いや、オレも譜面読めないに等しいのですが。

中学生くらいの頃のバンドのリハーサルってひどかったなぁ(笑)。今と決定的に違うのは、あの頃は周りのメンバーの音を聴く余裕がなかったってこと。ひたすら集団個人練習。高校生くらいになると自分より確実に上手いヤツがいて、そいつの音を聴きながらリハるようになった。その頃からかな、自分以外の音を聴くようになったのは。

>>ハードロックな仲間にエアサプライの曲を演奏させようとした
それも確実に若気の至りですね(笑)。

あ、オレも練習は嫌いですが、最近の若手(=20代のやる気のある人達)ってみんな練習してますよ。黙々と。あれはエライね。そういうの見るとおっさんも少し練習すっかな、って気になります。苦手なことを淡々と練習するってのが効果的。なのはわかっているけどサボってしまうのが問題。

| はっとり | 2009/11/21 11:06 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://acatsukistudio.blog60.fc2.com/tb.php/306-49da2f49

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT