暁スタジオ レコーディング日記

ミュージシャン服部暁典によるレコーディング、ライヴ、機材のよもやま話

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

OCT劇伴003ー狂った要素はどこだ!

終劇の音楽を作らねばならないのだった。この場面の曲を作らなければならないことはすっかり失念していたものの、アイデアはあるのだった。それこそ台本を最初に読み終えた時に頭の中でその曲は鳴っていたのである。

とあるサンバのブレイクビーツが基本。それにEXS24のパーカッションを若干加え、Addictive Drumsのファンキーなパターンを乗せる。もっともこのドラムについては味付け、下味程度なので音量としてはかなり控えめに。

Stylusに素敵なリフがあったのでそれをフックに。フックだけではなく後半のメインリフに。リフをガチッと足下に固定したいので4つ打ちのキックを。曲としてはほぼこれだけ。ベースとかメロディとか一切無し。ひたすら気が狂ったようにリズムが鳴り響くのである。

とは言えリズムに耳慣れてしまうとその刺激も曲が進むにつれ薄まってしまう。なのでリズム以外の何か狂った要素を加えようとあがく。いろいろやって「あ、あれはどうだ?」とひらめいたのだが、疲労がピークに達しているので寝ます。すみません。
スポンサーサイト

| レコーディング | 00:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://acatsukistudio.blog60.fc2.com/tb.php/307-84bbb65e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT