暁スタジオ レコーディング日記

ミュージシャン服部暁典によるレコーディング、ライヴ、機材のよもやま話

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

制御不能

なんと言うか…。単純に言うとセルフマネジメントの失敗なのだが。

26日初日を迎えるOCT/PASSの納品用CD-Rを焼かねばならない。生業を定時に退社しApple Waveburnerで曲を並べる。波形のアタマをそろえる必要がある曲もあり、オシリに手を加えねばならない曲もある。それぞれ作業し、最終的にEQ→COMP→LIMITというプラグインイフェクトのマスタリングプリセットをかけて完成。焼いたCD-Rを耳でチェックしてみたら1曲目の最後にノイズが乗っていることが判明。がっくり。結論から言うと1曲目の最後がリバース波形でブツッときれる終わり方だったのだが、そのリバース波形の最後がデジタルピークだったらしく、そのピークのノイズが2曲目のアタマで聞こえるような感じだった。波形をカットしても鳴るので、ものすごく急激なフェイドアウトを書き込んで回避。再度CD-Rに焼く。

CD-Rを焼いている間に今夜のLOOP(こっちも本番は26日)のリハーサル用に機材をパッキング。クルマに積み込み。CD-Rを鞄に入れ、晩ご飯。

30分くらいで晩飯を食べるとOCTの稽古場に突入、納品。音質チェックなどしていたら演出の裕人さんよりエンディング曲をふたつに分けて欲しい旨の要請があった。切り分ける要素を確認。明日以降の作業になるなぁ…。

それを確認してリハ会場である卸町のMOXに向かう。すでに1回やっているのでリハそのものは順調。リピート回数やハーモニーなど曖昧だった点をあぶり出す。曲数もそれなりに多いが、曲によってヴォーカリストが違うので時間がかかる。結局24時を回ってしまった。

帰宅してまだ作業。明日とあるリーディング公演のリハーサルを行うのだが、そこで使う音楽をMDにダビング。若干波形のアタマをカットしなければならないのでまたもやWaveburnerに曲データをインポートして並べてみたが…。

LogicPro7にバンドルされているWaveburnerはオーディオアウトが選択できない。常にメインアウトからステレオ出ししかできないのだ。ところがMDデッキにS/PDIFを出力しているMOTU 2408MK3のS/PDIFアウトはバンクCに固定(メインアウトは当然バンクA)。アップルに買収されてからのWaveburnerはタコだ、という話はネット上で見かけるが、こういうところは本当に使えない(もうひとつDDPファイル書き出しができないのも昨今のマスタリングソフトウェアとしては失格モノだろう)。

仕方ないのでそのプロジェクトは破棄。Logicで改めて作業。まぁマスタリングするわけじゃなく、波形編集とヴォリューム調整なので全然問題は無い。めでたくダビング終了。今風呂から上がってこれを打っている。

実は納品したOCTの劇伴、1曲収録し忘れているとメールが来ていた。リハ終了後に気がついた(リハ中に気がついてもどうしようもないが)。あぁ、明日の作業がさらに増えた…。公演前日の納品という綱渡りは初めて。なんか、アタマがぼ~っとするのね。肉体的にも結構疲労が溜まっているんだろうな…。
スポンサーサイト

| ただいま作業中 | 02:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://acatsukistudio.blog60.fc2.com/tb.php/309-b7642953

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT