暁スタジオ レコーディング日記

ミュージシャン服部暁典によるレコーディング、ライヴ、機材のよもやま話

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

服部シンセコレクションに変化は訪れるか?

随分長いこと90年代のネオヴィンテージ(と勝手に呼んでいる)PCMシンセを愛用しているが、2009年末に導入したYAMAHA S90XSを弾いていると、もうそろそろ出番は無いなと思える愛機があるのも事実である。

面白いもので、シンセサイザーという楽器は、どんなに汎用性が低く、しょーもない音しか出なくても、そのシンセにしか出ない音というのがある。PCM方式の台頭でわずかにその傾向は薄まったが、それでも収録波形は同じと思われても最終的に出音が微妙に違うものだ。しょーもないシンセのある音が自分の曲で必要になるなら、それは手放せないシンセになるのである。とちゃんもつさんも力説しておられた。居酒屋で(笑)。

とは言うものの、例えばYAMAHA DX7のエレピやスラップベースの音なんてのは、ほぼそのまんまの波形やプログラムをサンプラーやPCMシンセでいくつも所有している。もちろんオリジナルDX7の音を所有する意味はある。しかし実際に自作曲中でDXのエレピを使おうと思ったら、やはりきちんと収録するし、ミックスの段階でコンプやEQ処理も行うことになる。結果的に他のシンセにプログラミングされた「FM EP」の音色にどんどん近づいていくわけだ。オリジナルの音で演奏したものでも、その後のハイ上がりのPCMシンセと馴染ませる処理をしていくと、そうなってしまう。皮肉なものだ。

そういう判断をしていくと、実は服部のシンセコレクションはけっこうすっきりしてしまいそうだ。

・YAMAHA DX7、TX7
・AKAI SG-01p、SG-01v、S2800i
・KORG M1REX

これらはもう処分しても良かろう。こうやって書き出してみて興味深いのは、同じ時期のPCMシンセなのにYoungChang K-2000とかENSONIQ SQ-R+32vなどはとても手放せないと思えることだ。理由は簡単、非常に味わい深いパッドのプログラムがあるからだ。同様の理由でYAMAHA TG55も手放すには惜しい。K-2000はコントローラとしても利用価値があるだけでなく、2010年でもPCMシンセとして独特の音色を持っている。一生モノだ。

サンプラーだがENSONIQ EPS16+も手放せない。手放すどころかこの期に及んでSCSI端子を増設してハードディスクを常時接続しておきたいと思っているくらいだ。なぜか。これもサンプリングすることによって独特の音色変化を見せる(聞かせる)からだ。適当にCDからスネアのワンショットをサンプリングするだけで、すごく腰の入った音になるのだ。決してハイファイではないし、モノラルサンプリングしかできないのだが、ぐぐっと来るキックやスネアが必要な時は(曲にもよるが)いまだにコイツに頼ってしまう。逆にAKAI S2800iを手放してもいいやと思えるのは、S2800iにはステレオサンプリングやライブラリが多いなどの利便性はあってもこういう音色的な特徴が無いからだと思う。そもそも操作性も悪いし。サンプリングの操作やロスの少ない音色は、いまやソフトウェアサンプラーにはかなわないし。

あ、当然JUNO-106は手放さない。JP-8000は微妙(笑)。
スポンサーサイト

| 機材 | 20:59 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

うむ。でもDXは「振り返っちゃう」自分がいたり…。
まぁ、MOTIFのカードがあればいいんだけどねぇ。(欲しい!)
DXは、多分一番音色をプログラミングしたシンセなので、あればいいかな。
あとはD-50は手放せないような…。
それとENSONIQに関しては、全般的に魅力ですね。(MRとTSは未だ良く使うし…。)

アナログものに関しては、バーチャルのNOVATION SUPERNOVAでかなり満足してるので!

逆に今でも手元にあるといいなと思うシンセはCASIO CZです。
3番と5番の波形を掛け合わせると、簡単にプロフェットのシミュレーションができる。

まぁ、欲なんですけどね…。(JUNO-106は調子が悪くなって…。)

| SAKASHITA | 2010/03/15 21:47 | URL |

う~ん、今となってはあまり重要視していないセクションですなあ。と言いつつもDXは抑えてあるし。
アナログはDX出たときにすべて処分してしまったので。

私の場合求めるものが極端なので。

RhodesとHammondの良い音があればそれでよし!

ぢゃあシンセじゃなくてもいいじゃん!となっちゃいます。

ははは…

| richard | 2010/03/16 08:20 | URL |

◇SAKASHITA様
SQ-RといいEPS16+といい、なんで手放せないかというとD/Aコンバータが超優秀だから、ということになるんだと思います。JPがもう少し気合いの入ったシンセだったらJUNO-106は手放せると思うんですけどね。ライル・メイズごっこするのには素晴らしいシンセですが(本家はオーバーハイムだけど)。

CZ!欲しかったなぁ。シーケンサーなしでヴェロシティありのCZ3000が欲しかったです。時々このブログにコメントをくれるハイパーあにまる氏がいまでもCZ1000を保有。彼から昔長期間借りていたことがあるのですが、どんなにフェーダーを下げても前に出てくるあのハンパ無い軽さが独特ですね。惜しむらくはスイッチ類がひ弱だった…。

エディットに夢中になって「オレ音色」を量産し、本当に自分に役に立ってくれたシンセを仮に「一里塚シンセ」と呼ぶなら、オレにとっての最初の一里塚がKORG Mono/Poly。次が同じくPOLY-61。次がずぅっと年代的に飛んでM1となります。POLY-61は目をつぶってもエディットできたけど、もう長いことケースに入れて物置にしまいっぱなし。

やっぱり楽器は鳴らしてあげてナンボだと思うので、世話になったシンセだけど、その辺フクザツ。

◇richard様
じゃあシンセじゃなくていいじゃん(笑)!でも最近オレもそういう感じです。新しくリリースされるPCM系シンセの良し悪しの判断基準て「ローヅの音が良いか」とかですからね。パッドやシンセベースの音が良くても、まぁもう持ってるしな、となっちゃいます。

| はっとり | 2010/03/16 08:54 | URL |

SCSI

はじめまして。EPS16+の話題を検索してこちらに参りました。
SCSI端子、付けたいですよね。
私も先日友人とそんな話をしていた翌日、ヤフオクでSCSI付きのものを見つけ即決してしまいました。
んが!今日見てみたら違うカテゴリーでさらに安く出品されているではありませんか…
最近ちょくちょくSCSIオプション付きのものが出品されているようなのでチェックしてみてはいかがでしょうか。
あと、ebay UKあたりではFDDイミュレーターが出品されているようです。
これを付けると読み込みはFDDレベルのようですが、FDDの代わりにSDカードが使えるようになるようです。
エンソのシンセやサンプラーは本当に手放せませんね…

| ゆう | 2010/06/06 09:50 | URL | ≫ EDIT

◇ゆう様
はじめまして。2010年にEPS16+の話題にコメントしてくださるとは、ありがたく、またマイノリティとしての親近感も勝手に感じてしまいます。よろしくお願いいたします。

さて塩素物、手放せないですよね~。サンプラーがソフトウェア化して、起動もライブラリ検索も雲泥の差で便利になったのに、EPS16+だけは手放せないです。個人的には「あ!ここいただき!」と思った瞬間に反射的にサンプリングしやすいのはいまだにハードウェアの方だと思っています。ソフトウェア化されて出音がクリアになればなるほどPCMシンセと大差なくなっていくような…。

その点EPSの独特の音色変化は音楽的にポジティヴな変化で、そこがたまらない魅力です。

>>FDDの代わりにSDカードが使える
マジっすか!それならHDD付けなくても…。と夢見がちな後厄世代ですが、考えてみるとHDDにせよSDにせよ、大容量ストレージが自由自在に使えるようにするためには、一旦あの膨大な量のFDDを読み込んでそっちに移植するという気の遠くなるような手間がかかるわけですね…。

| はっとり | 2010/06/06 10:26 | URL |

http://www.youtube.com/watch?v=r09ZJPwi3eU
これがSDカードが使えるイミュレーターです。
70ユーロくらいらしいですよ。
先ほどSCSIをEPS16+に取り付けましたが、エンソの機種は全てscsiの相性があるので、自宅にあるものだとなかなか動いてくれません。
Zipもあるんですが、あれはあんまり使いたくないんですよねぇ…
ということでSCSIのHDDを探してみようと思います。

| ゆう | 2010/06/07 23:33 | URL | ≫ EDIT

◇ゆう様
おお、拝見しました。鍵盤や上部パネルの上をのたくるケーブルが微妙なテイストですね(笑)。どうやって接続されてるの?テストって書いてるし…。でも快適に稼働することはわかりました。ふむ。オークションでSCSIオプションだけの出品がないかチェックしてみますか。

情報、ありがとうございます。

| はっとり | 2010/06/07 23:49 | URL |

泥沼化

私はさっくりと本体ごと落としてしまいました。
海外ではSCSIオプション147ドルくらいで売ってるところがあるようですが、それに近い値段でSCSI付きの本体が買えてしまいますね…
それと追加情報なのですが、USBメモリーが使えるタイプのFDDイミュレーターはアメリカのebayで40ドル以下であるようです。ただしスピードはやっぱりFDD並みのようですね。
で、私はSCSIボードを載せてみましたが、なにを付けてもしっかり動作してくれません(涙)
おかげでSCSIのMOやらZIPやらが増え続けております…まぁZIPはASR-Xで動くのでまだマシなのですが、MOがこまりものです…
SCSIのカードリーダーも動くかどうかわかりませんが入手してしまい、いまさらながらSCSIの泥沼状態です…

| ゆう | 2010/06/11 17:44 | URL | ≫ EDIT

◇ゆう様
お気の毒です…というか尊敬申し上げますと言うか!
現在締切り(具体的に切られていないのが逆にコワイ)に精神的に追いつめられていて機材の改造にまで気が向かないのですが、いざとなればSCSIオプションが買えるってのは心強い情報です。

しかしフロッピーもいつまで生きていてくれるかそろそろ不安ですし、ましてや500MBのHDDなんて、いつまで完動してくれるやら…。

| はっとり | 2010/06/11 22:37 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://acatsukistudio.blog60.fc2.com/tb.php/379-859eaef4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT