暁スタジオ レコーディング日記

ミュージシャン服部暁典によるレコーディング、ライヴ、機材のよもやま話

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

いつ買う?MacPro

PowerMacG5を手に入れたのは2006年の5月ごろだったと記憶している。従ってすでに4年も使っているわけなのだが、決定的な不便を感じない。というのもネット接続用にMacBookProを導入したからである。ネットブラウズとメール送受信、画像系のアプリケーションを切り離すだけで音楽用のシステムは随分すっきりした。ログイン項目を設定しているからか、ログイン時にタイムサーバとの同期に失敗することがけっこう多いのだが、動作中に致命的な強制終了などはおそらく一度も経験していない。

G5で間に合っている現状をさらに分析すれば、MacOS10.5.8と2.5GHzのデュアルCPUで不便を感じないのはプラグインをあまり導入していないからである。ヘビーに使用しているのはStylusAddictiveDrumsが中心で、あとはLogicの純正PIばかりであるから、それも当然と言える。LogicPro7のレコーダーとしての音質は少々手強いものだが、本来はエンジニアの耳と腕で乗りこなすものだと思っている。

とはいうものの、先日完成した「オトメロディー」の作業中、CPUへの負荷がけっこうキていて危機感を感じたのも事実。これで例えばOmnisphereとかIvoryとか入れたらあっという間に作業停止だろう。現状でそれらは欲しいけれど、必要性という意味では強く感じるわけではない。

別の観点。Appleが今後遠い将来にコンピュータの製造を止めてしまう可能性はあると思う。一切を止めてしまうという仮説は極端かもしれないが、プロフェッショナル向けデスクトップマシンの開発ペースが落ちる可能性は大いにあると思う。そういう意味では今のうちにMacProを購入しておくのはアリかもしれない。単純な話、10.6.X=Snow Leopardは軽快に動くよくできたOSだと思う。日常向き合ってるのがMacBookPro上の10.6.2.なので余計に10.5.8とのほんの小さな差異が気になってしまう。
スポンサーサイト

| Macと周辺機器 | 22:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://acatsukistudio.blog60.fc2.com/tb.php/385-3af4093c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT