暁スタジオ レコーディング日記

ミュージシャン服部暁典によるレコーディング、ライヴ、機材のよもやま話

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

YAMAHAのピアノタッチ鍵盤はすごい!という話

去る2010年3月24日に見た友人達のライヴ以来、「オレもこうしちゃいられない」というムードが未だに漂っている。毎晩S90XSをつらつらと弾いていて、演奏のアイドリングとしてはもちろん、結果的に曲作りもやっているし今後の色んなプランを練るのにも役立っている。

そうやって思ったことなのだが、改めてS90XSの鍵盤はとても扱いやすい。特に自分が同じYAMAHAのKX88からのスイッチだったということも関係はしていると思う。KXと比べるとS90XSは鍵盤そのものが落ちていくアクションがすごく素直である。生ピアノの良い鍵盤は、落ちていく過程で発生する段階的なテンションの違いを感じさせないものだと思っているが、それに近い。多少感じる違和感は、落ち始めの「アソビ」の部分がS90XSには無いことと、必要以上にリニアなテンションであることくらいである。いずれも電子楽器の鍵盤としてはよく出来ているということで帳消しにできるレベルだと思う。

S90XSCP1V-Pianoの鍵盤でも文句をつけるような人は、今後一切電子鍵盤楽器には触らない方が良いと思う。一生電子鍵盤楽器には期待せず、生ピアノだけを弾いていた方が良いのでは?それくらいの到達点だと素直に認めても良いと思うし、仕方ないことだがそもそも生ピアノと電子鍵盤楽器は同じカテゴリーですら無い。

以前のENSONIQや現行のKURZWEILのピアノタッチ鍵盤は素晴らしいものだが、YAMAHAはこの部分の性能(というかフィール)を確実にブラッシュアップしているところがすごい。

あとは以前エントリーしたとおり、大人しいサンプル波形をどうやって芯のあるワイルドな音で鳴らしてやるか、だが…。これは要研究である。
スポンサーサイト

| 機材 | 19:34 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

この3/24を知らなかったことは
まっこと残念ぜよ(by龍馬伝)

| くろくろ(^o^)ノ | 2010/04/06 21:39 | URL |

◇ くろくろ(^o^)ノ 様
おんしゃ、どこ見てたんじゃ。

にしても見といてよかった、と思えるライヴでした。

| はっとり | 2010/04/07 08:23 | URL |

CP-1触ってきました。

印象は私には少し軽めなタッチ。でも鍵盤で出せるダイナミクスはかなり素直!
強弱のカーブがかなりいいです。

惜しむらくは再生装置が小さかったのでもっと聞きたかった。

Rhodesも音色が年代の特徴をよくとらえていて、その気にさせてくれます。

ただ値段がねえ…

個人的にはあの値段なりの驚きが欲しかったです。

欲張りな私…

| richard | 2010/04/07 19:15 | URL |

◇richard様
もう値段対性能で言うとKORG OASYSくらいまでいかないと驚きって得られないかも知れないですね。あるいはソフトウェアシンセみたいに「こんなに安くてこの分厚い音!?」の方向か…。

私もCP1鍵盤のあの軽さはちょっと驚きました。きっと所有して時間が経つにつれて良さがしみじみ解ってくるんじゃないかと思います。フランス車みたいに。

| はっとり | 2010/04/07 21:37 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://acatsukistudio.blog60.fc2.com/tb.php/392-843f44a4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT