暁スタジオ レコーディング日記

ミュージシャン服部暁典によるレコーディング、ライヴ、機材のよもやま話

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

原初体験

旅プロ(オレたちの旅プロジェクトの略)、三つ目の課題は未ハーモナイズのフレーズを互いに受け渡ししあいながら、受け取った人間が曲に仕上げるというもの。これは非常に難しい。

たとえばサイコロを何回か振って、出た目をそのまま音符に変換するということをやっても良いし、そもそも音の上下もしない、ただ任意の二音の音価(長さ)をコントロールするだけでも良いと思う。だけどやっぱり受け取った相手がどう出てくるか、こっちは楽しみじゃないですか。服部がこのフレーズを渡すのは水沼慎一郎なのである。彼はどんな変態フレーズを渡してもきちんと彼の色でパッケージ(曲として成り立たせる)してくるだろう。

かと言って「だったらイジワルしてやろう」ということではない。フレーズに魅力があるか・無いかの話だと思うのだ。そんなことを考えながら目を閉じつつピアノに向かう。なんとかまとまりのあるフレーズを作ることができた。実はこのフレーズ、自分にとっては原初体験とも言うべきフレーズが元になっている。それは12月2日の部活動が終わったらまた書く。
スポンサーサイト

| 旅プロ | 08:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://acatsukistudio.blog60.fc2.com/tb.php/507-58190a65

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT