暁スタジオ レコーディング日記

ミュージシャン服部暁典によるレコーディング、ライヴ、機材のよもやま話

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

譜面と格闘中。いや、書く方。

17日にアニソン・デパートメントの最初のリハーサルがあるのだが、譜面を分担して用意することになっている。あぁ、またもや譜面と格闘せねばならない。さらに今回はフルーティスト・サクソフォニスト林"巨匠"宏樹君がいることが事情を特殊にしている。通常のジャズなどの音楽の演奏なら単純にコードとメロディが書いてあるリードシートを用意すれば良い。だがアニソンバンドにフルートやサックスが入るのは意味が違う。色々なアプローチが考えられるが、今回はアレンジの一部として予め決められたフレーズを担ってもらうことになるだろう。ジャズ的な演奏アプローチからすると随分「楽器寄り」の立ち位置になるはずだ。

しかし、だからこそ譜面に林君が演奏するフレーズは書き込んであげないといけない。でないとリハで途方に暮れてしまう。2曲ほどすでにリードシートは起こしているが、林君にやってもらいたいフレーズがはっきりしている曲の方から、フルートのフレーズを書き込みつつ「清書」してみた。

Logicで作成した方が演奏者的には読みやすいのは百も承知なのだが、フレーズだったりリズムの指示だったり歌詞のメモだったりを書き込む(打ち込む)のではむしろ時間が余計にかかってしまう。シコシコ手書きで対応。以前画材屋にふらりと入った時に衝動買いした製図用シャープペンシル(芯太0.9mm)が良い感じだ。その名もPentel GraphGear。なんと絶版らしい。がっくり。

graphgear.jpg
スポンサーサイト

| ただいま作業中 | 23:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://acatsukistudio.blog60.fc2.com/tb.php/566-379040a8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT