暁スタジオ レコーディング日記

ミュージシャン服部暁典によるレコーディング、ライヴ、機材のよもやま話

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

朱に交われば…

mp3フォーマットのオーディオデータは、基本的に私は使用しない。なぜなら音が悪いからだ。例外としてメールに添付して送らなければならない場合とか、先方からmp3で、と指定された場合のみiTunesで変換して使用する。

10万円未満の価格レンジのオーディオインターフェイスに対して私が持つ偏見も根っこは同じである。音が悪いのだ。普段から悪い音に接していると耳が悪くなると思っているからである。

もう10年くらい前になるだろうか。東京のとあるマスタリングスタジオで初めて立会い作業をした時のことだ。そのスタジオの音は実に無色透明の素晴らしい音だった。業務レベルのあまりにクリアで雑味の無いその音に触れた瞬間にまず考えたことは、良い音を聴いた!という感動ではなく、「こりゃごまかしが効かない!」という焦りだった。そのスタジオで仮編集したMDを流した時は、あまりの音の解像度の低さに悶絶もした。つまり録音・再生素材の音があまりにもロス無く再生されるので、録音した音質が悪ければ悪いままマスタリングに乗っかってしまうのだ。それがなぜ焦りにつながるかと言うと、自分の再生環境では良い音だと思っていても、業務レベルの機材で作業すると「そのレベルに達していない」のが明らかになってしまうかも=耳の悪いダメエンジニアというレッテルを貼られてしまう!、という危機感から来る焦りである。

事実そのマスタリング作業の時は、自分がOKテイクに選んだある箇所に謎のノイズが乗っていることが判明した。しかもそれは何回かプレイバックしていて気が付く程度のものではなく、パッと聴いて明らかに気が付くレベルのものだった。

おめえの耳が悪いんじゃないの?と言うなかれ。

そのテイクの確認作業は、とあるオフィスで下の上クラスのオーディオインターフェイスに安いAVヘッドフォンをつないでモニターしながら行ったものだ。自分は耳が良いと主張するものではないが、いくら少々騒がしい環境だったとは言え、いくらなんでも素材の異音をヘッドフォンで聞き逃すとは…。自分の名誉のために書いてみるが、聞き逃したのは安いインターフェイスとヘッドフォンのせいである(その機材をチョイスするところからおまえの責任?はい、承知しております)。このノイズ聞き逃し事件は自分でもショックだったので鮮明に覚えている。結果的にそのノイズは演奏者が足踏みした音らしく、演奏自体が良いので「これはアリ!」という判断でそのままOKになった。データ汚損ではなかったので扱った私の面目も保たれた(のだろうか。書いてて不安になってきた)。その後何度かそのスタジオでマスタリングに立ち会ったが、そういう理由からいつも緊張したものだ。

普段性能の低い再生環境にいると、それに慣れてしまう。「おまえのレベルでそんなコト言ってもたかが知れてるだろ」と言う声があるのは承知だが、かと言って自分からレベルを落とす必要は無い。自分にできる努力(なるべく良い録音を心がけ、良い再生環境で聴くこと)はすべきだ。

「何を大げさな」と思う方は、試しに同じ曲をmp3と例えば.wavで聴き比べてみてほしい。
スポンサーサイト

| 機材 | 23:46 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ほぼ

この辺は意見の分かれるところでしょうが、私も同意見すね。違うところは、自分の趣味で聞く既存の音楽は、lameエンコードのmp3/192kです。というのは、このlameエンコードの192kと、wavもしくはaiffとの音の違いが分かるカーオーディオや普段使いのポータブルデバイスが無いからです(笑) もちろん、レコーディング関係はaiffで、ネットでの受け渡しは可逆圧縮FLACをたまに使う位です。

| みい | 2011/02/19 00:21 | URL | ≫ EDIT

◇みい様
あぁ、なんか、こんなこと書いてイヤなヤツだと思われてないか心配です。

オレはクルマではiPodとカロッツェリアのナビで基本シャッフルにして音楽を聴いてますが、そんなわけで.wavデータです。でも時々なんかのはずみで持っているmp3が流れることがあるわけです。明らかにスカスカですよ、全域。まぁそこに存在意義があるフォーマットですからそこをダメだと言うのはお門違いなのは承知していますが。

ちなみにその環境でAACと.wavは区別つかないです。

自宅では音楽をほとんど聴かないので(笑)、聴くとすれば「モニター」するために聴くんですが、mp3とaiff、waveの区別はつきます。「lameエンコード」というのが不勉強にして知らないのですが、おそらく区別つかないと思います。

本当はSACDプレイヤーも欲しいのですが、そうなると環境そのものをグレードアップしなければいけなくなってしまい、手が出ません。本当はそういう環境にいるべきなんですけどねぇ。

| はっとり | 2011/02/19 11:14 | URL |

嫌なやつなんて思ってませんて(笑)

そのスカスカ感がある程度無くなるですよ>lameエンコ
iTuneのコンバーターはダメダメっす。
wavやaiffは、そのまま引きぬくんで、何でリッピングしても音質変わりませんけど。

うちには、TASCAMのDV-RA1000HDで、マスターにしてますが、DSDはやっぱり違います。言葉では言い表せないですが、音の広がりやツヤっぽさがナマナマしいというか。
一度DSDで録音してから、44kに落としてもまたいい感じです。
こればっかりは、体験してもらわないとわからないですけど。
OTOTOYとかでも、もうDSDで配信してるアーティストもいますしね。

| みい | 2011/02/19 11:43 | URL | ≫ EDIT

◇みい様
イービーンズ脇の駐車場より帰宅しました(笑)!

iTunesのエンコーダーがダメな件は、そういえば聞いたことあるかも!ダメか、あれは。でもそうするとLogicしかmp3書き出しできるアプリが無いなぁ。

DSDは誰に聴いても良いという話しか返ってこない。欲しいなぁ、DSDフォーマットで録音できる良いヤツ。

| はっとり | 2011/02/19 15:49 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://acatsukistudio.blog60.fc2.com/tb.php/572-4649285b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT