暁スタジオ レコーディング日記

ミュージシャン服部暁典によるレコーディング、ライヴ、機材のよもやま話

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Keyboardist Union@仙台 Vol.8 の準備が着々

震災以来なるべく普通にしているつもりなのだが、やはりどこか気絶していたような部分もあるのだろう。気が付くと4月も1週間が経っている。年に2回の恒例行事、Keyboardist Union@仙台の夏のライヴを7月に予定していたのだが、実はもうそろそろ準備を本格化しなければならない時期なのである。

この震災で会場のLivehouse enn1stに障害が発生している。と言ってもennそのものではなくて、ennが入っているビルが問題なのだ。水道管その他に破損があり、現在電気しか来ていない。こいつの復旧の目処が立たない。本日服部とちゃんもつさん、ennの星君の三人で会議を行った。

keyunio7kaigi.jpg

その結果以下の結論に達した。

・現状では予定通りの日程と会場で実施する。
・万一復旧が間に合わなかった場合enn2ndか3rdに変更する。
・上記の場合は当初予定している出演者・構成ではなく、変則的な内容とする可能性がある。

ま、それにしてもこういうことを話せるようになったんだなぁと言う気はする。普段どおりに生活することがどれだけ特殊なことか(過剰に便利だ、と言う意味で)。そして今それがどれほど重要なことか、ということを三人で話し合った。我々は我々のためにKeyUniを開催してもいいじゃないか。でも地震で被害に遭って、実際に7月になっても不便な生活を強いられている人はきっと大勢いるだろう。そういう事実をずうっと忘れずに我々はやれることをやる。まだまだ間合いを計りかねる環境だけど、嘘はついていない。

Keyboardist Unionについては今後も情報が入り次第ご報告していく。お楽しみに!

その後ふたりと別れてひとりで夕食を摂るためにennを出る。徐々にではあるがお店も夜やるようになってきている。当てもなくさまよっていたら、家具の街にあるHumming Birdの灯が見えたのでふらりと入ってスパゲティを食べる。食べながらその旨をtwitterにつぶやいたら、それを見た高橋陽佑君が突然店内に現れて驚いた。彼は今震災のボランティア活動の最前線にいる人で、今夜もかなり疲れているようだった。ぽつりぽつりとふたりで話して、彼を家まで送って行った。

withtakahashi.jpg
娘さんの写真見せられて自慢されました。疲れた顔でスパゲティを食べる高橋父

誰かのために何かをするというのは素晴しいことだが、自分を犠牲にするのは間違いだ。今はその間合いを計るのが非常に難しい時期だと思う。とにかくひとりひとりが自分を大事にしてほしい。
スポンサーサイト

| ただいま作業中 | 22:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://acatsukistudio.blog60.fc2.com/tb.php/598-17fe495d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT