暁スタジオ レコーディング日記

ミュージシャン服部暁典によるレコーディング、ライヴ、機材のよもやま話

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ドラムの録り音を褒められた話

昨日のことを書く。

サックス奏者の林君とドラム奏者の太郎君と3人で焼き鳥を喰った。コンセプト不明のまったりした会合であったが、その席上で嬉しいことを聞いたのでイキオイで書いてしまう。

今年の3月にリリースした「keyboardist Union@仙台 Vol.1」のCDでは私の曲2曲で太郎君がドラムを叩いてくれている。彼はその音源をプロエンジニアのJKさんに聴かせてみたのだという。JKさんはドラムの録音では定評のある方なのだそうだ。そのJKさんが「このドラム良く録れてる」と評してくださったという!「このスネア、ラディック(有名なドラムのメーカー)でしょ?ちゃんとわかる」ともおっしゃったそう。

うわ~ん!嬉しいよ~!。師匠以外の、しかも面識の無いプロエンジニアからの批評なんて初めてで、ドラムの音を褒められるなんて~!

とても気分が良いのでした。ちなみにその時のレコーディングの詳細はこちらの2月16日分を参照のこと。
スポンサーサイト

| レコーディング | 10:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://acatsukistudio.blog60.fc2.com/tb.php/639-8d67d494

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT