暁スタジオ レコーディング日記

ミュージシャン服部暁典によるレコーディング、ライヴ、機材のよもやま話

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

胎動

JAZZ Inn Relaxin'でのライヴ、無事に終了した。

Live_at_Relaxin.jpg

及川文和 Dr
森木啓太 Bs
佐久間康丞 Gt
高橋督 Key
服部暁典 Harm

演奏曲はすべて服部と督君のオリジナル曲。

1.やさしい風(服部)
2.大航海時代(服部)
3.Best Regards(服部)
4.雲平線(高橋)

5.Fall,Rain Fall(服部)
6.片思ヒノ行方(高橋)
7.でんでん64号(高橋)
8.Tight Rope(服部)

enc.Funny Gus(服部)

今回参集したメンバーの組み合わせは実は初めて。リハーサルに森木君が不参加だったため、まさにこの日初めて全員で音を出したわけだが、非常に手応えがあった。考えるにオリジナル曲を集まったメンバーがあれこれ咀嚼しながら組み立てていく過程が楽しかったのだと思う。何しろ多数のセッションから複数のバンドまで百戦錬磨な面々なわけで、そういうメンバーが異口同音に「こういうの楽しいね!」と言っていたのが非常に印象的だった。

曲を作っている立場から言うと、こういう手だれたちを楽しませることができるかどうかは、曲としての力の有無が端的にわかってしまうため勉強になる。メンバーがあれだけ楽しかったと言ってくれているのだから、自分の曲にはそれなりなものなのだろう。それが確認できたのは個人的には嬉しかった。

演奏者として見てみれば、全体のコントロールに気が削がれる部分もあって決して大満足な出来ではなかったけれど、この規模のアンサンブルで鍵盤ハーモニカを吹きまくれるのは楽しい楽しい(笑)。

atsushi.jpg
高橋督。エレクトーンデモンストレータ=電子鍵盤楽器のプロ。ではあるが当夜はピアノも。そっちも全然良かった。空間を滲ませて埋める彼らしいピアノ。オリジナル曲も多数。そっちも美しいメロディとハーモニーをストレートにぶつけてくる彼らしい作品。「オレたちの旅プロジェクト」仲間

moriki.jpg
森木啓太。初めての手合わせとなった督君が「もう全然乗っかれる!」と大絶賛。きちんとボトムを支えるってのはこういうことです!的なベースはひっぱりだこでブッキングが大変。実はピアノもウマイらしい。なのでアンサンブルの中の「ベースの仕事」を俯瞰して捉えているのではないかと想像。でもそんな話よりもグルーヴしている、このことが大事。

sakuma.jpg
佐久間康丞のピンで映っている演奏中の画像が見当たらなかった。すまん。最年少。とにかく速く弾くヘヴィメタルで青春期を過ごしたらしいが、現在は着々と理論武装しジャジーなフレージングも自家薬籠中のものとした。バッキングも多彩で、期待が両肩にずっしりである。

oikawa.jpg
及川文和。リハーサルしようよ、と持ちかけると「決めた通りにやるのは苦手だからなぁー(笑)」とのたまう男。こなした現場の数と本質を掴む高い能力によって音楽に溶け込むドラミングを披露。加えて自己改造マニアなので、40過ぎてもまだそのドラムスタイルが進化し続ける希有な男でもある。服部とは高校以来のつきあいではあるが、年々ウマくなっていく彼のドラミングを聴くと「こうしちゃいられん」と焦る。

前日のリハーサル時からこのバンドには手応えがあって、メンバーは口々に「このバンド楽しいね!」を連発。忙しい面々ばかりだがコンスタントに活動していくことになりそうだ。演奏曲、メンバー、その他色々な要素がきちんと反応しないとこういうムードは生まれない。こういうのは実はありそうで滅多に無い幸運である。バンドの胎動を感じるのはものすごく久しぶり。パーマネントなメンバーで息の長い活動をするのは音楽家として修行にもなる。何しろあの及川君が「もっとリハーサルしよう」と言い出すくらいなのだから(笑)楽しみだ。

当夜お越しいただいたお客様に感謝。これからもよろしくお願いいたします。バンド名、考えねば。
スポンサーサイト

| ライヴ | 08:35 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

いいなぁ観たいなぁ聴きたいなぁ(しつこい笑
私はジャズ演奏は門外漢ですが、聴くのは大好きで、
楽しむのと同時に嫉妬したりしています(笑

| まろんが | 2011/06/26 09:25 | URL |

◇まろんが様
嫉妬されるお気持ちはわかるつもりです。私もそういう気持ちはあります。でもたいていはそれ、無い物ねだりだったり隣の芝生はなんとやら、なんですよね。まろんがさんの演奏も聴きた~い。

昨夜のライヴは友人が映像に撮ってくれたようなので、YouTubeにアップしたらまたこのブログにエントリーいたします。その際ぜひ!

| acatsuki-studio | 2011/06/26 20:17 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://acatsukistudio.blog60.fc2.com/tb.php/692-91c5775f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT