暁スタジオ レコーディング日記

ミュージシャン服部暁典によるレコーディング、ライヴ、機材のよもやま話

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ケンちゃんありがとう

すでに数日が経過してしまったが、一ノ瀬健治一周忌ライヴに「大門伴奏の人たち」として参加した。

ことの経緯は、会場のひとつであるLivehouse ennの星君より出演の話を得た工藤孝信(key)が、「そういうことなら大門で出るしかないでしょ!」と言い出したことによる。実は個別の話として服部にもオファーはあったのだが、「工藤さんは大門で出たいって言ってるんですよ」と聞いたら一も二も無いそれしか無い。一ノ瀬健治は大門の重要なエンジンであった。その一ノ瀬健治のために大門がステージに立つのか!このシチュエーションにけっこう燃えた。やってやるぜ!ケンちゃんのためにな!だがしかし、残念ながらスケジュールの都合で水野怜奈(dr)と高橋督(key)と遠藤新市(mic)の参加が不可能であることが判明。服部は一時出演そのものを断念しかかった。

そこで視点を変えられる工藤さんはすごい。「だったらインストアルバムの曲を出られる人だけで演ろうよ」。大門はこれまでに1枚のマキシシングルをリリースしているが、随分初期の段階から雷舞をマルチカメラで収録し映像作品としてリリースしてきた。これに歩調を合わせて雷舞本番と映像作品の両方で使用するインストゥルメンタルなオープニング・エンディング曲をメンバーが持ち回りで書き下ろしているのである。これまでDVDにしか収録されなかったそれらの作品をCD作品にしたのが「裏本家大門シリーズ」であり、現在2枚リリースされている。これらの収録曲の中から演奏すれば良いと工藤さんは提案した。

大門ダイレクトショッピングはこちら

この提案には他のメンバーは半信半疑ではあった。前述のとおりそれらの曲は生演奏を前提としていないため、かなり実験的な作品だったからだ。大門というバンドが常にそうであるように、「普段できないことをやってみる場」における「各人の挑戦」的な意味合いの作品が多かったからだ。別の言い方をすれば「自分名義で発表することはないけど、こういうことにも挑戦してみたかった」という曲ばかりなのである。

しかしそこはそれ大門である。やってやれないことはないよね、というなし崩し的なムードのまま最初のリハーサルを迎えた。玲奈ちゃん不在のためピンチヒッターとして新関沙織(dr,fromマサルアンドピーチパイ)を口説き落とした。彼女もがんばってくれた。

3回行われたリハーサルはとても楽しかった。フュージョンというよりはクラブジャズ系な音になっているのは正直意外だった。大門のメンバーで演奏してそういう要素があることが意外だったのである。それにみんなで一生懸命リハーサルする感じもずいぶん久しぶりだった。

7月30日の本番では一ノ瀬健治がきっとやってきてイタズラするだろうから、誰かの楽器が突然あらぬ音を出したりとか何かが倒れたりとか、そういうことが起こるのではないかと期待したのだが、そういうことは起こらなかった。客席で見ていた娘によると「(すぐ近くの席に)確かにお客さんが座っていたんだけど、気が付いたらいなくなってた」と言っていたので、どうも彼は客席でおとなしく聴いていったらしい。我々より前に出演したSonido del bientoの時はハイハットを鳴らしていったようだが、大門には遠慮したのかもしれない。沙織ちゃんへの配慮かも。

演奏曲とメンバーは下記のとおり
Don't miss it! ~ダイレクトショッピングのテーマ~
Legend of DAIMON
TOMOSHIBI
Anthem for DAIMON
大門Sweet Dreams

那波慶子 Sex Sax and Chorus
青木大志 Bass
佐々木朋義 Guitar
工藤孝信 Mox8 and Chorus
新関沙織 Drums
服部暁典 EPS16+ and Chorus

演奏はどうだったのかって?楽しかったですよ(笑)。実は服部は所用によりサウンドチェックを欠席。本番のステージ上で初めてモニターバランスを調整する羽目に。譜面を一段読み間違えたりして打ち上げの席で某ベーシストにダメ出しされてションボリである(笑)。

改めてこれだけたくさんの人に今も慕われる一ノ瀬健治という男のことを思わずにいられない。出演したどのバンドもMCでは彼との思い出や人柄を語っていた。一周忌ライヴという性格を知らずに来場した観客に対する正しい態度だと思うし、何よりも彼のことを語りたくてたまらないのだ。こんなイイやつがいたんだ、と知らない人に伝えたくなる。会場にはみんながケンちゃんのことを大事に思っている連帯感があった。打ち上げの席でも乾杯の発声は「かんぱい!」ではなく「一ノ瀬健治に!」であった。みなさんお疲れ様でした。ケンちゃんありがとう。

※画像が全然無いのだが、工藤さんのブログに満載されているのでそっちを見てください(笑)。
スポンサーサイト

| 大門 | 19:50 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

あの裏大門を生演奏で聴けるとは!?驚愕&感動しました!!各バンドの方々の想いも
しっかり観客に届いてくる心底素晴らしいライブでした。。。
健さんは客席にいましたか☆以前「大門を客で観て見たい!」と言ってたことがありましたから、
念願叶ったのでしょう(^_^)/皆さんに大事に思われて幸せ者です☆
きっとサンキュ~仙台~♪ですね(笑)

| かなこ | 2011/08/05 23:14 | URL |

◇かなこ様
ケンちゃんは今でも大門の重要なエンジンです。センキュ~せんだ~い!センキュ~ケンちゃ~ん!

かなこさんたちに聴いていただけて本当に良かった。

| はっとり | 2011/08/06 21:32 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://acatsukistudio.blog60.fc2.com/tb.php/712-7dfe1cbd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT