暁スタジオ レコーディング日記

ミュージシャン服部暁典によるレコーディング、ライヴ、機材のよもやま話

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

壊れるHDDケース

8月18日に北田さんのピアノを録り、25日にはパーカッションのダビングを行う。いずれも暁スタジオではなく外部スタジオでの録音である。こういう場合、メインマシンをPowerMacG5としている当スタジオの場合少々面倒くさいことになる。普段はインターネットブラウズとメール送受信とTwitterクライアントのための「お遊びマシン」と化しているMacBook Pro(13inc)にも実はG5と同じ環境を構築しており、LogicPro7のUSBドングルと録音用HDDさえ忘れなければ非常に少ない荷物で外部レコーディングできるようになっている。

いや、正確にはなっていた。Lionにアップデートするまでは。

北田さん録音の前日に軽い気持ちで動作確認したら、LogicPro7はもはやLion(OS10.7)環境では起動してくれないのである。これには慌てた。G5の音楽用システムをクローニングしていたので事なきを得たのは先のエントリーに書いたとおりなのだが、実はこの時もうひとつトラブルが発生していたのである。

クローン音楽用システム、メイン録音用、録音バックアップのHDDを収めている外付けハードディスクケースがご臨終してしまったのだ。

これには慌てるというよりもうんざりしてしまった(笑)。仕方ないので別のHDDケース(というよりはクレイドル)にクローン音楽用システム、メイン録音用(これらはひとつのHDをパーティションで区切って実現している)を挿入し乗り切った。クレイドルがUSB2.0接続オンリーだったのが気になったが、結果的に大丈夫だった。ソースがステレオペアのマイクだけだったのも幸いしたのだろう。だが25日のパーカッション録音はそういうわけにもいかないだろう。修理がきくなら幸いだが最悪FW800対応のHDDケースを新規購入ということになる。とほほ。

まぁデータは全部無事だったし、ミックスダウン地獄の途中などでなくてよかった。
スポンサーサイト

| Macと周辺機器 | 20:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://acatsukistudio.blog60.fc2.com/tb.php/718-a05c98c4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT