FC2ブログ

暁スタジオ レコーディング日記

ミュージシャン服部暁典によるレコーディング、ライヴ、機材のよもやま話

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

自作曲のリミックス

Keyboardist Union Vol.2でご一緒したうっち~こと内ヶ崎雅人君。そのライヴの楽屋で「もし良かったら(Vol.2収録の服部の曲を)リミックスとかさせてください」とおっしゃっていただいた。そんなことがオレの身の上に起こるのかメ~ン!とクリス・ロックのような表情で驚いたものだが、尊敬する内ヶ崎君にそんなこと言われて「今までリミックスでオリジナルをしのいだ作品を聴いたことが無い」なんて言えるだろうか。いや、言えない。「言ったよね??今リミックスしてくれるって言ったよね??」というイキオイでお願いしたのだった。

こういうご厚意で進展する話は得てしていつの間にか双方忘れてしまっている、という事態に陥りやすいため、失礼とは思ったが締め切りを切らせていただいた。

するとどうだ、締め切りを控えたある日「もうちょっとでできそう。時間をもう少しくれ」とおっしゃるではないか。たかがオレの曲に後進の指導からとある財団のプロデューサーとしてまで、日々忙しいうっち~が真剣に取り組んで下さっているのである。「一応、リスペクトはこめてますんで」なんて言いやがる!いや、嬉しくて口調が、いや、文体がヘンだが、私は感動した。「とにかくぶっ壊してくれ!ここまで違う作品になるなら、もはやオレの曲じゃない!っていうくらいまで!」と火に油を注いでおいた。

そして!本日、ファイル転送サービスを通じて私の元にひとつの.wavファイルが届けられた。早速CDに焼いて聴いてみた。

ん~!・・・・・・。とにかく、オレにはできない音になってる!意外と原形をとどめているなぁ、という気もするが、狂ったような打ち込みドラムは彼の職人芸的センスとテクニックを示して余りある。しかしここまでくるとすでにRemixではなく再構築である。ということで曲名は

「我々のマーチは黒雲をはらうReconstruction by drive-mad-lab」とでもしよう。近日中にacatsuki studio on the webにて公開予定。お楽しみに!とくらぁ!

内ヶ崎君、どうもありがとう。これからも刺激を与えあえる関係でいたいです。精進しますから、置いてかないでください。
スポンサーサイト



| 音楽雑感 | 23:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://acatsukistudio.blog60.fc2.com/tb.php/811-c0f296cd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT