暁スタジオ レコーディング日記

ミュージシャン服部暁典によるレコーディング、ライヴ、機材のよもやま話

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

OCT/PASS「方丈の海」音楽解説 「演奏について」

劇団Theatre Group OCT/PASSの作品「方丈の海」。音楽について解説する。

■演奏について
前作からは演奏そのものの中の価値観も多層化したくて、自分以外の演奏者もお呼びしている。今回の共演者はDJ Korter。アトモスフィア系DJでは第一人者だ(仙台のDJ界には詳しくないが、そんな系統があるのか?)。つまり彼は具体的にビートを刻んだりするのではなく、ノイズや環境音などの「空気」のような音で空間を埋めていく。なぜDJ Korterを呼んだのか。ミュージシャンはミュージシャンの出す音に「より具体的に」反応してしまいがちだが、ザーというノイズや風の音に自らの楽器の音を重ねていくには、普段とは違う言語を使用せねばならず、結果いつもの自分とは違った音を出すことになる。彼とのセッションは基本的に彼という鏡に、いつもと違う自分が映っているのを楽しむ時間になる。同時にミュージシャン以外の価値観を音楽に持ち込むことにもなる。

「方丈の海」の音楽は彼との即興セッションがほぼ9割である。10〜15分程度のセッションを4回録音し、それぞれのインプロビゼーションによるフレーズの中からまとまっているものを見つけて、あとから分割・編集して10曲程度の単独曲に仕上げた。芝居に当てはめてみたら尺(演奏時間)が不足していて、後から再編集したものもある。セッションの様子はこちら。再編集の様子はこちら。

残りの1割についてはセッションの前にきちんと曲として完成していたり、フレーズのメモとして頭の中に用意しておいてセッションに臨んだものだ。これらの曲にもセッションでKorterの音が重なることで、想定していたものとは変わって行った。
スポンサーサイト

| レコーディング | 00:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://acatsukistudio.blog60.fc2.com/tb.php/869-db236e4e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT