暁スタジオ レコーディング日記

ミュージシャン服部暁典によるレコーディング、ライヴ、機材のよもやま話

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Appleらしくない

私がいつからMacユーザーだったか正確に思い出せないのだが、そろそろ20年にはなろう。あまりお金が無いのでひとつのモデルを大事に使うというスタイルだ。だから20年近いユーザー歴でMac、あるいはAppleに対して失望とか怒りなどという感情を持ったことはほとんどない。目の前のMacとアプリケーションは安定して使えていたからだ(笑)。とは言えAppleという会社の来し方行く末については人並みに心配はしている。そんな私が個人的にAppleの黒歴史と思っている時期がある。それはジョブズ復帰直前の

△Perfomaシリーズ乱発
△ライセンス供与のサードパーティMac登場
△iMac登場時のUSB導入と引き換えにSDSI切り捨て

と言ったユーザー置き去り時代だと思っている。その後のiMacヒットによる経営安定とiTunes、iPodリリースによる「スタイリッシュなITマシンを作る会社」と言うイメージに乗った破竹の勢い時代は、「Macが安定して作られる」という1点に於てのみ大歓迎だった。

Macなど縁が無く、iPodやiPhoneからAppleプロダクツを使い始めるという人も増えた(そんな日が訪れるとは…!)。融合性と利便性からそういうユーザーがMacを使い始めるという例に私ですら出会うことがある。そんなユーザーに対して私は先輩面してこう言ってきた。「Apple製品は操作メニューが統一されているから、どれかひとつ覚えてしまえば大抵の操作が様々なアプリケーションに応用できる」と。

ところが最近はこの不文律が破綻している。AppStoreの台頭によって、Appleやこれまでの特定のソフトウェアメーカーが独占してきた(と言うかMac用アプリケーションを作る奇特な会社が滅多に現れなかっただけとも言うが)「Mac用アプリケーション」というジャンルに、種々のサードパーティ製アプリケーションが大量に流通するようになったことも原因のひとつだと思うが、実は当のApple純正アプリケーションですら破綻が見られるのだ。例えば日常的に使うであろうiTunesとiPhotoでは、ライブラリに音楽や写真を追加する時のショートカットキー操作とメニューバーでの表示が違うのだ。

iTunes.png
iTunes
ライブラリに追加… ⌘+O

iPhoto.png
iPhoto
ライブラリに読み込む… ⌘+shift+I

純正アプリ同士で、同じ動作命令なのに、表現も使用するキーも違うなんてことがかつてのAppleであっただろうか。こういう使い勝手を直撃する不統一を放置するところが実にAppleらしくないと私は思う。
スポンサーサイト

| Macと周辺機器 | 10:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://acatsukistudio.blog60.fc2.com/tb.php/898-e813488e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT