暁スタジオ レコーディング日記

ミュージシャン服部暁典によるレコーディング、ライヴ、機材のよもやま話

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

音楽ワークショップのアシスタントを経験!

高橋督君がファシリテーターを務める音楽ワークショップに、アシスタントとして参加させてもらった。非常に骨の折れる役目であったが、とてもやりがいのある仕事だった。

参加者は中・高校生の男女16名。難しいお年頃ではあるが、みな素直に話を聞き自分の考えを言う。このワークショップに参加するのは実は初めてでは無いのだが、毎回毎回カラーが少しずつ違う。督君とは綿密に打合せを行うのだが、それでも終わった後に「あーすればよかった、こーすればよかった」ということになる。その反省を生かして次回を迎えると新たな反省が生まれる。

今日のワークショップを終えた打ち上げの席で「どーすればよかったのか」ということを話し合った。が、答えは出ない。出るはずが無い。毎回違う参加者と向かい合うのだから。督君が信頼できるのはここで手を抜かないからだ。「細かい不具合は置いておいて、これならだいたいみんな満足するでしょ」みたいなことは絶対に言わない。

ワークショップはクリニックでなければ講義でもない。参加者が持ち寄って分かち合う場だ。教えるだけの人、教わるだけの人が生まれてはいけない。少なくとも私はワークショップという言葉をそう使ってきた。幸い私の周囲にいる人はそれをきちんと考えてくれる人ばかりだ。

督君お疲れさまでした。我々をバックアップしてくださったTさんUさん、本当にお世話様でした。いやぁ疲れた。
スポンサーサイト

| 音楽雑感 | 22:45 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

お勤めご苦労様です。
こちらもお彼岸ゆえ多忙の極みです、といえばウソになりますが(笑)

その年代は確かに難しいですねえ。
自分も今の仕事の前に予備校で講師をしてましたが、中高生は見かけとは裏腹にホンネをなかなか表しませんから。

とはいえ、今の仕事も人付き合いと心の寄り合いですから、難しいですね。

あらゆるもの全てが諸行無常、一期一会と念じつつ、精進して参りたいものです。

あ、K店長様の件、了解致しました。よろしくお願いしまーす!
フェラは蛇足ですので(笑)

| じゃる | 2013/03/19 00:30 | URL |

◇じゃる様
そうですね。なかなか本音を語ってくれませんし、ストレートに表現もしてくれません。でもそれを理解した上で(あるいは昔の自分を思い出しながら)彼らと音を出すのは楽しい時間でした。一期一会はファシリテーターの督君と何度も確認しあった言葉です。

| 服部暁典 | 2013/03/20 22:45 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://acatsukistudio.blog60.fc2.com/tb.php/979-7a6eee86

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT